江戸時代、大阪は天下一の酒どころでした。摂津・河内・和泉と呼ばれた三州から江戸に向けて大量の酒が運び込まれ、「下り酒」としてもてはやされたことをご存知の方もいらっしやるでしょう。
近郷の良質米、周辺の山脈からもたらされる清らかな水で醸された大阪の酒は、いずれも大阪の生活文化、食の豊かさに育まれ、鍛えられすっきりとした飲み口に確かな主張を有した奥行きの探さが持味。料理をさらに美味しくし、料理によっていっそう旨さがきわだつ酒です。

 


「地酒」は、酒造人たちがそれぞれの土地に固有の風土のなかで、永い歳月をかけて自然と対話し、四季を呼吸し、磨きあげてきた技の結晶です。北摂の山間から泉南の海沿いまで、生まれ育った地域が異なる大阪の酒。それぞれが育った地の歴史や自然を宿し、豊かな風土の香りを放っています。繊細微妙に個性を写し出す多彩な味わい。まさに「酒屋万流」の醍醐味をお楽しみください。


豊かな歴史的風土と文化のなかで、私たちはそれぞれの伝統を守り大阪の酒造りに心血を注いできました。そしてこれからもまた、こまやかな情感をたたえた上方芸能を彷彿とさせる酒、自然を愛で折々の暮らしの節を愛でる酒、そして何よりも心を豊かに満たす酒をお届けするために、私たちはあらゆる創意工夫を積み重ねて行きます。


大阪府酒造組合
〒530-0043 大阪市北区天満3-5-19 北酒類会館1F
TEL 06-4792-8533
FAX 06-4792-8545